総量規制を超えると、一気にお金を借りるのが難しくなります。

生活費などが足りなくてお金を借りたくても、審査に通らなくて困っている人は多いのではないでしょうか。

総量規制をオーバーすると審査通過しづらくなるとはいえ、消費者金融の例外貸付を利用すれば借り入れできる可能性があります。

総量規制の例外貸付のひとつに、「顧客に一方的に有利になる借換え」という契約類型があります。

難しい表現ですが、これは俗にいうおまとめローンです。

つまり総量規制を超えた場合でも、消費者金融のおまとめローンを利用すれば年収3分の1以上を借りられるようになります。

この記事でわかること
  • 消費者金融は総量規制を越えた借り入れが可能
  • 消費者金融なら金利の引き下げが約束されている
  • ショッピングリボや銀行カードローンを借り換えられるのはアイフルだけ
  • おまとめローンは返済専用のローン商品
  • 銀行は借り入れ金額の上限を年収の3分の1までに自主規制している

銀行カードローンは貸付上限なしで借りられますが、現在、審査厳格化の影響で総量規制を超えた借り入れが難しくなっています。

消費者金融のおまとめローンは他にもメリットが多くありますので、ぜひ参考にしてください。

銀行カードローンは総量規制を超えた借り入れが難しい

銀行カードローンは総量規制対象外であるため、年収の3分の1を借りられると思っている人は多いのではないでしょうか。

銀行カードローンが上限なしで借りられたのは3年以上前の話で、現在は総量規制を超えた借り入れが消極的な状態となっています。

銀行はカードローン業務において3年前から自主規制をしており、メガバンクを中心に借りられる上限額を年収の2分の1から年収の3分の1へ引き下げているからです。

残念ながら、銀行カードローンで総量規制を超えた借り入れに対応してもらえるところはほとんどありません。

消費者金融なら総量規制を超えた借り入れができる?

消費者金融なら、おまとめローンや借り換えローンといった方法で総量規制を超えた借り入れが可能です。

おまとめローンや借り換えローンは総量規制の例外となる「借入残高を段階的に減少させるための借換え」に該当し、上限なしの借り入れが認められています。

ただしこれらの商品は資金使途が他社借入の返済のみに制限されてしまうため、借りたお金を自由に使いたいのであれば証書貸付に対応しているカードローンを選んだほうが良いでしょう。

総量規制を超えた場合は消費者金融のおまとめローンを利用しよう

ローンカードとお金とパンフレット

総量規制を超えた場合は、消費者金融のおまとめローンを利用するのがいいでしょう。

消費者金融は、総量規制の例外貸付けにより年収の3分の1を超過した借り入れが可能になります。

次のように、貸金業法にも総量規制の例外貸付における記載があります。

総量規制になじまない貸付け(総量規制の「除外貸付け」)や、顧客の利益の保護に支障を生ずることがない貸付(総量規制の「例外貸付け」)については、例え、年収3分の1を超えても返済能力があると認められれば貸金業者から借入れすることができます。

総量規制の例外貸付は全9種類あるのですが、そのうちのひとつがおまとめローンです。

その証拠に、大手消費者金融の公式サイトをみると、総量規制を超えたローン商品がいくつか紹介されています。

現在のお借入が年収の1/3を超えている場合でも審査可能です。

おまとめローンは、総量規制の例外とされる(年収の1/3を超える)お借入れが可能です。

大手消費者金融のアイフルやプロミスなら、総量規制を超えた借り入れが可能なことが分かります。

しかし消費者金融の中には、総量規制以上の貸付に対応していないところもありますので注意が必要です。

総量規制を越えても借りられる消費者金融を調査した結果は、以下で表にまとめましたので参考にしてください。

消費者金融 総量規制以上の借入 限度額
アイフル 最大800万円まで
プロミス 最大300万円まで
アコム 最大300万円まで
ダイレクトワン 最大300万円まで
新生フィナンシャル 最大400万円まで
J.Score(ジェイスコア) ×
レイクALSA ×
SMBCモビット ×
ベルーナノーティス ×

J.Score(ジェイスコア)やレイクALSAなどといった新規参入したばかりのカードローンはまだ十分な利益を獲得しておらず、高額の融資が難しいことから総量規制を超過した貸付に対応していません。

一方で従来から貸付業務に従事している老舗の消費者金融は高額の融資をおこなえるほどの資金があるため、総量規制を越えても借りられる商品を展開しています。

中でもアイフルは融資業務を強化しており、総量規制以上の貸付に積極的な印象があるため他社借り入れがある人に最適です。

結論を先取り!総量規制以上の借り入れをするならアイフル

アイフル

アイフルは、多額または複数の借り入れがある人向けに証書貸付を展開しています。

証書貸付とは、借用証書を提出する代わりに長期間に渡って融資を受けられる方法のことです。

他社でも総量規制以上を借りられるローンを展開しているところはありますが、即日融資を受けられるのはアイフルのみとなっています。

最大300万円まで借り入れ可能なうえ、その日のうちに融資を受けられますので他社への返済が迫っている人にも最適です。

番外編!実は総量規制以上の融資に積極的な楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

前述で銀行カードローンは総量規制以上を借りるのが難しいと言いましたが、ネット銀行なら高額の融資に積極的な印象があります。

ネット銀行はメガバンクと違って全国銀行協会の準会員であることから監視の目が行き届いておらず、審査厳格化の影響を受けていません。

ネット銀行のなかでも楽天銀行スーパーローンは、まだ新しいカードローンで融資実績を伸ばしたい意向があるため前向きに新規顧客を獲得しています

専業主婦や年金受給者でも融資を受けられるため、審査が不安な人にぴったりです。

総量規制を超えたら消費者金融の例外貸付をすすめる2つの理由

パンフレットとローンカード

総量規制を超えたら、消費者金融の例外貸付を使って年収の3分の1以上を借りるのが得策です。

「それなら銀行カードローンを利用したほうが良いのでは?」と思う人も多いことでしょう。

銀行カードローンは、消費者金融とは違って上限貸付が設けられていません。

銀行側が応諾すれば、年収の3分の1以上でも年収の半分以上でもお金を借りられます。

しかし現在、銀行カードローンは大きな金額の貸付を制限している状態にあります。

既にメガバンク(三菱UFJ銀行、みずほ銀行・三井住友銀行)は、貸付額を年収の3分の1以下に引き下げる声明を出しているほどです。

では、なぜ銀行カードローンは総量規制以上の貸付を制限し始めたのでしょうか。

1.銀行カードローンは総量規制超えの借り入れが難しくなった

りそな銀行

2017年から2018年にかけて、銀行カードローンは自主的に貸付額を年収の2分の1以下から年収の3分の1以下に引き下げています。

これには、銀行カードローンによる過剰融資問題が関係しています。

銀行カードローンは貸付上限が設けられていないことを逆手に取って、利用者に対して返済能力の範囲を超えた貸付をしていました。

カネシロに関する融資にあたっては、年金生活者等に対しても、自宅等の不動産を所有しているというだけで、東京三菱銀行及びみずほ銀行は一億円を上回る融資を行っているが、これは過剰融資にあたる。

この他にも無職者に対して300万円の融資をしたり、専業主婦に対して200万円を貸付たりなど。

銀行カードローンの過剰融資をきっかけに、自己破産者が大幅に増加しました。

これを知った金融庁のトップは激高して、「銀行カードローンにも法規制の整備を敷かざるを得ない」という旨の発言をしました。

銀行=安心」という国民からの信頼を失ってしまいかねない状況を回復するために、多くの銀行カードローンが自主的に貸付上限を制限し始めました。

これを、銀行カードローンの審査厳格化といいます。

銀行カードローンは、審査厳格化の影響から総量規制を超えた借り入れが難しくなっています。

審査厳格化以降、銀行カードローンの「審査に落ちた」「借りられない」という口コミが相次いで報告されています。

  • みずほ銀行とイオン銀行のカードローン審査に落ちました。銀行はもう無理ってことかな。
  • アコムから100万円の借入があります。三井住友銀行に借り換えようと思ったら、審査に落ちました。

とくに既に他社借入がある状況では、銀行カードローンの審査に通りません。

このように銀行カードローンは、過剰融資問題の批判をかわすために総量規制以上の貸付を制限している状況にあります。

総量規制以上を借りたいのなら、銀行カードローンは利用しないほうがいいでしょう。

2.銀行カードローンによる借り換えでは確実に金利が引き下がらない

電卓とお金

銀行のカードローンやフリーローンは、借り換え・おまとめの場合でも通常の金利がそのまま適用されます。

三井住友銀行からイオン銀行へ借り換えても、絶対に金利が下がるという保証がありません。

仮に借り換えに成功したとして、年15.0%だった金利が年15.3%に引き上がってしまうことだってあります。

これがよくある銀行カードローンによる借り換えの失敗例です。

しかし消費者金融は、銀行カードローンとは違って総量規制を超えた借り入れをするときは「金利を引き下げて貸付をする」という内容が法律に盛り込まれています。

つまり消費者金融の借り換えなら、今よりも確実に金利が引き下がるため失敗がありません。

借り換える際になんとなく銀行カードローンを選んでしまいがちですが、消費者金融のほうが圧倒的にメリットが大きくなります。

カードローンを借り換える場合は総量規制以上が借りれるうえ、確実に金利の引き下げが期待できる消費者金融を利用しましょう。

例えばアイフルのおまとめローンなら、現在の借り入れよりも低い金利で融資を受けられます。

総量規制を超えて消費者金融を利用するときの注意点

ローンカードと電卓と通帳

消費者金融から総量規制を越えて融資を受ける場合は、いくつか注意点を知っておく必要があります。

総量規制を越えて借りられる方法は、通常のローン商品とは異なるからです。

異なる点としては、借りたお金の使い道や申し込み方法など多岐に渡ります。

通常のローンとの違いを知らない場合、希望する使用用途に利用できなかったり周囲にバレたりしてしまう可能性がありますので気をつけましょう。

総量規制を越えて消費者金融を利用する際の注意点について、詳しく解説していきますので参考にしてください。

1.返済専用のローンであることを理解する

ATM

消費者金融は総量規制を超過した借り入れが可能ですが、返済専用のローンプランになり追加借り入れができなくなります。

例えば借入枠100万円で、返済を重ねて残り70万円になったとしても追加融資を受けられなくなります。

消費者金融の借り換えは、カードローンのように利用限度額内を何度でも借り入れできるものではありません。

証書貸付という1回限りの借り入れとなるのが、消費者金融の借り換えになります。

消費者金融が総量規制を超過した貸付けをする場合は、「借入残高を段階的に減少させるための借換え」という規制ルールがあるからです。

返済専用のローンプランであることを理解したうえで、消費者金融の総量規制を超えた借り入れをしましょう。

2.即日で融資を受けられないケースがある

お金

消費者金融は即日融資を受けられるのが魅力ですが、おまとめローンに関しては融資までに2〜3週間ほどかかってしまいます。

おまとめローンによる総量規制以上の借り入れは貸し倒れが発生するリスクがあり、通常のローンよりも審査に時間を消費者金融が多いからです。

実際に管理人がプロミスとアコムでおまとめローンを利用したところ、融資までに16日間かかりました。

しかしアイフルなら、Webで申し込むと最短60分でその日のうちに融資を受けられます。

アイフルは消費者金融のなかで最も資本金が多く、万が一借入金を踏み倒されても赤字経営にならないことから審査の厳格化をおこなっていません。

審査が通常どおり30分で終了しますので、急いで借りたい人に最適です。

他社の返済期日が翌日に控えている場合は、アイフルのようにスピーディーな消費者金融を選びましょう。

3.銀行のローンは借り換えられない場合がある

三菱UFJ銀行

消費者金融のおまとめローンは、貸金業者のみを借り換え対象としているケースが多いです。

たとえばアコムの場合は消費者金融の借金が対象となる一方で、銀行カードローンによる借入金やショッピングリボは対象外になって借り換えができません。

銀行カードローンやショッピングリボまで借り換えができるのは、アイフルだけです。

アイフルは大手消費者金融の中で唯一銀行傘下に入っておらず、銀行からの圧力を受けていません。

アコムのように銀行傘下に入っていると、銀行カードローンが不利になるような条件は認められなくなります。

たとえばアコムで銀行カードローンも含めた借り換えができて、さらに総量規制以上が借りられたうえで金利まで引き下がるとなったらどうでしょうか。

銀行カードローンを使って借り換えをするメリットがなくなり、恐らくアコムに申込者が殺到することでしょう。

銀行傘下に入っている消費者金融は、アコムのように銀行にとって都合のいいルールが作られているケースがあります。

とはいえプロミスのように銀行の傘下に入っていても、独自ルールで融資をおこなっている消費者金融もあります。

既に銀行カードローンによる借り入れがある場合は、アイフルやプロミスのように銀行カードローンまで借り換えられる消費者金融を選びましょう。

4.WEB完結ができない場合がある

スマホ

総量規制を超えた借り入れをする場合、通常ローンとは申し込み方法が違うことがあります。

たとえばアコムで総量規制を超えたキャッシングをすると、自動契約機「むじんくん」への来店が必要になります。

web申込後、仮審査結果を待って応諾だった場合は、むじんくんへ行って手続きを進めなければなりません。

しかしこれはアコムに限った話で、アイフルやプロミスであれば通常のローンと同じようにWEB完結が可能です。

このようにカードローン会社によって、総量規制以上の借り入れをする手続き方法が異なってきます。

総量規制以上 来店契約
アイフル ○ 不要
プロミス ○ 不要
アコム ○ 必要

スマホだけで契約を済ませたい場合は、アイフルやプロミスのように来店不要に総量規制以上の借り入れができる消費者金融を選ぶといいでしょう。

総量規制を超えても借りれる消費者金融まとめ

ローンカードとパンフレット

総量規制を超えた借り入れができる消費者金融は、意外と多くあることをご存知でしょうか。

大手消費者金融はもちろん、中小消費者金融でも総量規制を超えたローン商品を取り扱っている場合があります。

しかし貸付条件や利便性は、どのカードローンを選ぶかで大きく異なります。

総量規制を超えた借り入れを最も強みとしているのは、大手消費者金融アイフルになります。

総量規制以上の借り入れにアイフルをおすすめする理由は、次のとおりです。

アイフルをおすすめする理由
  • 総量規制以上の借り入れに積極的
  • 消費者金融や銀行の借り入れを借り換えられる
  • クレジットカードのリボ払いも借り換えられる
  • 他の消費者金融と比べて金利が安い
  • 総量規制以上の借り入れでも、WEB完結が可能

とくに総量規制の借り入れでもWeb完結できるのが、他の消費者金融にはないアイフルの強みといえます。

アイフル プロミス アコム
ローン商品名 かりかえMAX おまとめローン 借換え専用ローン
金利 3.0%〜17.5% 6.3%〜17.8% 7.7%〜18.0%
総量規制超え ○可能 ○可能 ○可能
WEB完結 ○可能 ○可能 ×不可
即日融資 ○可能 ○可能 ○可能
貸付限度額 1〜800万円 300万円まで 300万円まで
借換えの対象となる債務 消費者金融、クレジットカードのリボ払い 消費者金融のみ 消費者金融のみ

まだ借入先が決まっていないのなら、アイフルを利用して総量規制以上の借り入れをしてはいかがでしょうか。

他社で借りられないのならネット銀行がおすすめ

総量規制を超えた借り入れを希望していても、他社で審査に通過できなかった人も多いのではないでしょうか。

審査が不安な場合は、ネット銀行のカードローンで申し込むことをおすすめします。

前述のとおり、ネット銀行は全国銀行協会からの監視が強化されていないことから現在幅広いユーザーへ積極的に貸付をおこなっています。

特に楽天銀行スーパーローンなら、総量規制を超えた借り入れに前向きなうえに最大800万円まで融資を受けられます。

審査に通過して融資を受けたいのなら、楽天銀行スーパーローンを選んでおいて間違いはありません。